メルマガ“ネットで副業!情報・アフィリの特効レシピ”配信中
登録 解除

メルマガ配信CGI ACMAILER

今時のアドセンスって?

昨年、アドセンスのアカウント停止を受けた方々が続出して
“アドセンスは危険”ってイメージがジワ〜ンと浸透している様な
していない様な・・・・・・・

短期間でアドセンスのクリック報酬を手っ取り早く得る方法として

ゆるいキーワードを見つける
      ↓
500文字位の記事を5記事書く
      ↓
ソーシャルブックマークに登録する
      ↓
トラックバックを打つ

この作業を繰り返してブログを量産する


こんな感じが多かったです。
私もやりました(笑)

殆どクリックされないブログもあるけれど、まあ、確かに結果は
すぐ出ます。

アクセス数は時間と共に落ちていくので、グログを作り続けるの
ですが、正直、しんどい。
落ち着いて事を行いたいっていう感覚、誰でも持っていると思う
のですがどうでしょう?

初めてアドセンスをスタートする場合、この方法を否定はしません。
理由は、結果がすぐに出るからです。

自分で実際にクリックされて、報酬を得る感覚を早く知ったほうが
絶対に励みになると思うからです。

但し、この方法をいつまでも続けるのは危険なのも事実。

途中で方向性を切り変えると良いと思うんですね。私的に。

例えば、

ブログを50個作ったら量産は止めて、作ったブログの中でアクセス
が多いものを3つ選び、その3つのブログの記事を集中して増やして
行くやり方に方向性を変えるってことです。

目標は記事数50〜100記事位

どんなもんでしょ?

このやり方をしている人って意外に多いですよ。


タグ:アドセンス

グーグルアドセンスで稼ぐ

あなたがこれから「ネットで収入を得たい」「アフィリエイトを始めてみたい」って思っているんでしたら、是非、これからお伝えするお話を聞いてくださいね。

ここでは、グーグルアドセンスをサイトに貼ってクリック収入を得る場合にちょっとだけ気にして欲しい話題を書いていきます。

クリックされれば報酬が発生するグーグルアドセンスは、これからネットでお金を手にしようと考えた時、始めやすいのは事実。

一般的に、アドセンスで稼ぐにはアクセスが命って言われていますよね。勿論間違ってはいないけど、でも、アクセスを集めれば良いってものでもありません。

いくらアクセス数が多くても、アドセンス広告をクリックしてくれる人に来てもらわなきゃダメなんです。

例えば・・・→ranking

サイトのテーマが「バーバリーの財布」だったとします。
当然、バーバリーの財布について記事を書きますから、グーグルアドセンス広告もバーバリーの商品についての広告、若しくはブランド物の商品についての広告が表示されます。この場合、間違いなくそうなるでしょう。

そのサイトに訪れた人は、バーバリー商品について感心がある人な訳ですが、“バーバリー商品15%OFF”なんていうアドセンス広告が目に入ったら思わずクリックしたくなるでしょ。

バーバリー 財布というキーワードで検索をかけてこのサイトにやって来た人は、殆どの人がバーバリー商品の値段・安値情報・新作情報などを求めていると思われます。

バーバリーというブランドの沿革を調べる為ではないでしょう。

この、ブランド商品のテーマとアドセンス広告はマッチング具合がとても良い訳ですよ。

一方、KAT-TUNの亀梨君のブログを作った場合、サイトに訪れる人は、多分、亀梨君の近況情報や出演予定のテレビ番組情報・プロフィール情報などを求めているんじゃないでしょうか?

しかし、そこで表示されるアドセンス広告は、ジャニーズ・コンサートチケット情報やアイドル写真集情報、DVD発売情報って感じだと思います。

この状況のアドセンス広告はクリックされにくいですよね。

このキーワードでサイトを作った時に、表示されるアドセンス広告がどんなものになるのかを、想定しておく必要があるってことなんです。

このサイトに訪れる人は何を求めているのか?
その欲求にマッチするアドセンス広告は表示されるか?

サイトを作る時、これを考えてキーワードを決めて行かないと、アクセス数は結構あるんだけどクリック率がやたらと悪いサイトになってしまいます。







タグ:グーグルアドセンス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。